沖縄観光案内「那覇専(なはせん)」

沖縄へ遊びに行こう!沖縄の魅力を那覇を中心としてお伝えいたします。

沖縄観光案内「那覇専(なはせん)」

沖縄へ遊びに行こう!沖縄の中心、那覇なら観光にもってこい。食べて、遊んで、癒されて・・・沖縄の魅力を那覇を中心にお伝えいたします。

那覇市

沖縄県の政治・経済・文化の中心かつ人口最大の都市であり、また国際空港である那覇空港や、県外や周辺離島とを結ぶ那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っている。

面積は日本の全都道府県庁所在都市の中で最も小さく、人口密度は首都圏と近畿圏を除いた地域としては全国で最も高い。また、那覇空港が市域面積の8%以上を占め、そのなかには自衛隊を含む。この他在日米軍の施設や那覇港の港湾施設の分も考慮に入れると、実際の都市活動に使用できる面積は限られる。さらに、那覇空港の制限表面により、市街地の多くは超高層ビルや超高層マンションを建てることが出来ない。最近では航空規制の影響が無いおもろまちを中心とした那覇新都心などの市の北部エリアに超高層ビルが建ち始めている。

都市化に伴って周辺自治体のベッドタウン化が進み、那覇市を中心市とする那覇都市圏の人口は約78万人(都市雇用圏 - 2005年)となっている。なお、地方での人口減少が深刻な問題になっている今日においても那覇市及び那覇市の周辺自治体では人口増加が著しく、2012年2月現在の都市雇用圏人口は約81万2千人(10%流入人口)。さらに那覇市を中心とした沖縄本島中南部圏の人口は面積478km²に対し約115万8千人(推計人口2012年2月1日現在)を超える国内でも有数の人口集中地区である。

市の中心部は国場川(漫湖)、及び安里川に囲まれた平地地帯に広がり、那覇市、及び沖縄県の主要施設の多くがそこに立地している。近年では1987年に米軍の牧港住宅地区が全面返還されたことにより、那覇新都心として開発が進み、中心地に置かれていた企業本社などの一部が移転しており、新たな中心部となっている。

また、中心部周囲の丘陵地はほぼ全て市街化(主に住宅地)され、元々の地形の高低から立体的な都市景観を見せる。一時は琉球王国時代の首都でもあった首里地区は海抜100m程度の高台の上に位置し、場所によっては那覇市全域を見渡すことも可能である。

観光面では、市の中心部の国際通り、市東部の高台にある首里地区の首里城(琉球王国の王府。2000年12月に世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録)が中心であったが、近年、前述の在日米軍住宅地の跡地が那覇新都心として開発が進んでおり、2004年12月に世界最大規模で国内では唯一の空港外大型免税店であるDFSギャラリア・沖縄がオープンした。海に面しているが、那覇空港や那覇港などの施設が海岸線のほとんどを占めているため、海水浴場は1991年に供用開始された波の上ビーチ(人工海浜)のみとなっている。名産品として壺屋焼や泡盛などがある。

2006年に中核市指定要件の1つである面積要件が撤廃された事を受け、本市は2013年4月に向けて、中核市移行を目指している。

市名の由来

「那覇(なは)」の語源は、漁場を表す「なふぁ」からきている。この由来は、那覇市のサイトにも、伊波普猷の唱えた説として紹介されている。なお、那覇を本来の表記で表すと外字にあたるため、那覇市では人名用漢字を使用している。本来、「那」は左側の2本の横線を縦線の右まで突き通し、「覇」は西の下部にある一本線がない形(襾)になる。

地理

沖縄本島南部の西海岸に位置し、東シナ海に面している。市中央部がほぼ平坦で、周辺部に小高い丘陵地帯が取り巻くように展開し、市内を東から西に国場川や安里川が流れ、東シナ海に注いでいる。豊見城市との市境にある漫湖はラムサール条約に登録されている。

  • 川:国場川、安里川、安謝川など
  • 干潟:漫湖

気候

平均気温が約23度、年間降水量は2000mm以上と高温多湿な亜熱帯性の気候(ケッペンの気候区分では、温帯湿潤気候(Cfa))を示す。冬でも最低気温が10度を下回ることは極稀で、また海洋性気候のため、真夏の最高気温が30度を超える日(真夏日)は多いものの35°Cを超える日(猛暑日)は殆ど観測されない(2001年8月9日の最高気温が35.6°Cと、2011年8月時点で全国都道府県庁所在地の最高気温記録の中で最も低い記録である。)。

文化・観光

観光地

2000年12月に世界文化遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録された9か所の史跡のうち、那覇市内には、以下に挙げている4か所が存在している。

  • 首里城
  • 識名園(しきなえん)
  • 玉陵(たまうどぅん)
  • 園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)

その他の観光地

  • 首里金城町石畳道
  • 国際通り
    • 平和通り
      国際通りに接続する通り。元闇市で、自然発生的に形成された一大アーケード街である。
  • 那覇市歴史資料室
    琉球国王尚家関係資料(国宝)が保存されている。

祭り

  • 那覇ハーリー
    • 沖縄県内では最大規模の行事である。毎年ゴールデンウィークに開催される。
  • 那覇まつり
    • この祭りのメインイベントである那覇大綱挽は国道58号の久茂地交差点で行われる。
  • 沖縄の産業まつり
    • 沖縄県内では最大の規模を持つ総合産業展である。毎年10月の3日間、奥武山公園で開催される。

神社・霊廟

  • 波上宮
  • 円覚寺
  • 沖縄県護国神社
  • 沖宮
  • 崇元寺
  • 至聖廟
  • 光明寺
  • 末吉宮

商業施設

小禄地区
  • イオン那覇ショッピングセンター
那覇新都心
  • サンエー那覇メインプレイス
  • 天久りうぼう楽市
  • DFSギャラリア・沖縄
国際通り沿い
  • パレットくもじ
  • 牧志公設市場
  • D-naha
  • 沖縄三越