冷え性などで乗り物が冷えていると血行が悪くなり、全身にさまざまな作用をおよぼします

薄々実態が悪かったり、お肌のくすみが気になるパターン、乗り物の冷温を改善することが方法となるかもしれません。そういった乗り物の冷温を解消する3つのものをご紹介します。

その① 乗り物をあたためる

乗り物が冷えてから暖めるのではなく、乗り物が冷えるより前に、靴下やレッグウォーマー、乗り物後ろ仕様カイロなどで保温し、冷やさないようにしましょう。

靴下やレッグウォーマーのパターン、締めつけの力強いものでは血行が悪くなり、別効果です。靴下を繰り返し履きするときには、締めつけが厳しくならないよう気をつけてください。

つま先の冷温は、実は筋肉音量の少なくなるふく達はぎ場所から始まっています。そこからつま先に向かって血液がだんだん冷え、血管も収縮しているため、カイロはつま先をストレートあたためるよりも、足首かふく達はぎを温めたほうが効果チックです。

そうして乗り物が冷えないようにすることが不可欠ですが、仮に乗り物が冷えてしまった場合には、足湯や湯たんぽ、カイロが効果チックです。足湯では、42℃くらいのお湯に15分くらいが指標です。途中で熱いお湯を足すなどして、冷めないように気を付けて下さい。既に冷えてしまった乗り物に靴下を繰り返し履きしても何だか温まらないものですが、外から高温を達すると、収縮していた血管がやがて拡張して、じわじわと温まります。

冷温が凄いパターン、知覚も鈍化していることが多いので、くれぐれも低温火傷にはご注意下さい。

その② マッサージで血行促進

つま先の冷温は、血行を改善すれば自然と解消されます。5分~10分くらいかけて乗り物指から乗り物部へ、乗り物部から乗り物関節、足首からふく達はぎ、膝後ろ…部下から上記へと、丁寧に揉みほぐす感じでマッサージします。ゆったり血行が改善されて、温まって現れるのを実感できると思います。

また、ヨガや散歩、ストレッチングなどの運動をすることでも血行が促進され、つま先の冷温を改善できます。たとえばステップの乗り下りや、その場でのグレード運動でも、充分効果が見込める。他には、下半身に溜まった血液を重力を利用して心臓に送り返す、バリア倒立や乗り物高めも単純かつ効果チックです。

ごと日少しずつでもマッサージや運動をする因習をつければ、代謝ものぼり、抜本的な風習改善にもつながります。

その③ ディナーで体調を内側からあたためる

東洋医学では、ミールは体調をあたためる「陽性のミール」、体調を冷ます「陰性のミール」、どちらでもない「中庸のミール」という分部類があります。ここで言う「陽性のミール」を積極的に摂取する結果、体調を内側から温め、冷温を改善することができます。

陽性のミールの見本としては、しょうが、にんにく、ネギ、ニラ、トウガラシ、かぼちゃ、人参、カブ、ゴマなどが挙げられます。ただし、陽性のミールばかりを大量に摂取すれば良しというものではありません。プロポーションの良しディナーの中に、賢く取り入れてください。すぐに作れて温まるものでは、「蜂蜜ジンジャー」や「生姜湯」が推薦です。DUOクレンジングバームの体験レポ